私からうまれたもの
私をくるしめるもの
私のかいらく

宇宙からしたら存在してないも同然の私の塵の様な戯言。
本当むきだしで、むきだします、むきっ。
ただの赤裸々日記。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
無の心
無心になるってよく耳にする。

無心になれる様、努める。





はてさて。

“無心”とはなんぞや?





何も考えない様にする。

すればする程、余計な事考える。






最近得た事と言うと、“無心”になる為には何かに打ち込まなければならないと言う事。

先の事がどうなるかわからないけど、とにかく目の前の事に打ち込む。

今はそれが一番!




毛穴が詰まって、かゆいかゆい。
さて、7月になった。

なったなった、なってしまった。




あと1ヶ月もすればあの季節。

そう、OPEN ART CLASSの。




今年は、いつも以上に“描く”事から遠い日常だった様に思う。

とはいえ、思い返せば色々描いたりしてるんだもの、そうとは言えぬけど。

だけど、作品を描く…といった意識からは随分と遠く遠くにいた私。

やっぱりまだまだ未熟者で、目の前の仕事に手一杯な日々です。




どうなりますやら。


ああ、どうなることやら。
久しぶりに。
ひさーーしぶりにOACメンバーに会う事が出来、数日経った今もとてもとても優しい気持ちでいる。

日々想う事は、日々変わるし、変わらぬままでもある。

良いも悪いも全ては隣り合わせ、表裏一体なのを日々実感するけど、今は良い方で転がっている。

良いではないか。??









一年ぶりにこんな風景も見た。













まるでフライドチキンだったスズメ達もすっかり大きくなり、今は狂った様に逃げ惑っている。

もうちょっと大人になったら、自然へかえってゆくでしょう。

父も母も期待してるよ、雀の恩返しを。

大きな葛篭にも良い物入れておいてあげてね!









色々と忙しない夏がまた来るねっ。!
さよならの時。
おおげさな言い草だけども、永遠のお別れとやらをした。
もう会えないというのはとてもとても辛い…というよりは、寂しい気持ちでいっぱいになるよ。
永遠のお別れを立て続けにした私は、頭の神経が少し疲れた様なので、ココん所ずっと片頭痛です。
ずっと寝ていたいー。



んん。
やっぱり辛いよ。
とても寂しくて辛いよ。

色々駆け巡る思い出たち。
あんな事あったなー、あんなとこ行ったな―。
あの時嬉しかった事や悲しかった事、色んな感情として思い浮かんでくる。
もう、思い出したくないくらい頭が痛いし、目もパンパンです。
心は空っぽで、ふわふわします。

だんだんと薄れてしまうのだろうか。



ずっとずっと忘れません。
今まで本当にありがとう。
安らかに。
ぱーーっと。
時間があれば人と会い、時間があれば狂った様に眠る。
時間を作って人と会い、時間を作って何か夢中になれる時間をみつける。
何も考えないでいられる睡眠中はとても好き。
今は夢を見ないでいたい。



とにかくどこかへ出かけ、食べて、頭を空っぽ(とは言っても空っぽに出来ないから、“頭をお腹いっぱい”にするの。)に。



どうしてもどうしても癒されたい、優しい気持ちになりたい、と言うそんな時に助けてくれるモノが今は二つある。

どうしても助けて貰いたい時に効果が薄れると嫌だから、最後の砦にしているモノ。

あぁ、すごいなーって思う。

そのモノが、こんなどうしようもない気持ちを救っているなんて、そのモノを産んだ人たちは思っていないだろうから。

動かず、語らず、だけど確かに私を癒して優しい気持ちにしてくれるそのモノたちと、そんな優しいモノを産んでくれた人たちよ、ありがとう。








1日24時間のうち、23時間59分仕事してたとしてもいいけど、あとのたった1分がとても濃ゆくて重たい気もする。