私からうまれたもの
私をくるしめるもの
私のかいらく

宇宙からしたら存在してないも同然の私の塵の様な戯言。
本当むきだしで、むきだします、むきっ。
ただの赤裸々日記。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どきどきそわそわ。 | main | 新しい生活。 >>
いろ。
我が部屋で吊るされている植物。
それを見てうとうとと眠りにつきそうになりながら、自然界の色の事を想う。

答えが出るわけでもなく、オチがあるわけでもなく、まるで夢かのような事を起きながらに見てるみたい。



私が秋を好きな理由は、暑くて嫌いな夏が終わるからという他に、もっと、言葉で説明出来ない理由があると思うんだね。

紅葉、、、って一体なんなんだろう?
何の為に、、、?

赤、朱、紅。
黄。

緑色の植物が特に好きなくせに、紅葉が好きなのは何故なんだろう?

そんな事をふと思って、せっかくの寝るタイミングを逃す。



自然が起こす色の変化が気になる。

ドライフラワーはさ、色が残っても、太陽の陽から一生懸命守っても、徐々に色が抜けてセピアになってゆくよね。

色が無い = 無色、でもなく・・・
白色でもなく・・・
黒色でもない。

自然界で“色が無くなる”と言う事は、セピア色。



てゆうか、私は一体何言ってんの(T_T)??
本当に何が言いたいの??
まじで起きながら夢を見ているねー。


部屋中植物臭♪
COMMENT









Trackback URL
http://nonsapa.jugem.jp/trackback/388
TRACKBACK