私からうまれたもの
私をくるしめるもの
私のかいらく

宇宙からしたら存在してないも同然の私の塵の様な戯言。
本当むきだしで、むきだします、むきっ。
ただの赤裸々日記。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春とは。 | main | さよならの時。 >>
ぱーーっと。
時間があれば人と会い、時間があれば狂った様に眠る。
時間を作って人と会い、時間を作って何か夢中になれる時間をみつける。
何も考えないでいられる睡眠中はとても好き。
今は夢を見ないでいたい。



とにかくどこかへ出かけ、食べて、頭を空っぽ(とは言っても空っぽに出来ないから、“頭をお腹いっぱい”にするの。)に。



どうしてもどうしても癒されたい、優しい気持ちになりたい、と言うそんな時に助けてくれるモノが今は二つある。

どうしても助けて貰いたい時に効果が薄れると嫌だから、最後の砦にしているモノ。

あぁ、すごいなーって思う。

そのモノが、こんなどうしようもない気持ちを救っているなんて、そのモノを産んだ人たちは思っていないだろうから。

動かず、語らず、だけど確かに私を癒して優しい気持ちにしてくれるそのモノたちと、そんな優しいモノを産んでくれた人たちよ、ありがとう。








1日24時間のうち、23時間59分仕事してたとしてもいいけど、あとのたった1分がとても濃ゆくて重たい気もする。

COMMENT









Trackback URL
http://nonsapa.jugem.jp/trackback/435
TRACKBACK